アメリカの精神科医ロバート・バトラーが提唱した心理療法。
主に高齢者を対象として、本人の過ごしてきた時代などの思い出を、意図的に話してもらうよう専門職などが働きかける。共感的受容の態度で話を聞くことで、心地よい精神状態で記憶を呼び起こすなど、認知症予防や進行を遅らせる効果が期待できるといわれている。
 タグ
None