選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題37
高齢者虐待について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通報等により高齢者を保護しなければ生命に危険がおよぶと推測される場合には、市町村は、迅速に必要な保護のための措置等を講じなければならない。
2 「厚生労働省調査」における「要介護施設従事者等による高齢者虐待」の種別で最も多いのは、身体的虐待、次いで心理的虐待である。
3 「厚生労働省調査」における「養護者による高齢者虐待」の相談・通報者で最も多いのは、介護支援専門員である。
4 「厚生労働省調査」における「養護者による高齢者虐待」の虐待者の続柄で最も多いのは、夫である。
5 高齢者虐待の通報では、個人情報保護のため、家族の了解を得た上で、通報しなければならない。
解答・解説↓




正答番号 2,3

1 ○正しい
通報等により高齢者を保護しなければ生命に危険がおよぶと推測される場合、市町村長は迅速に必要な措置をとらなければなりません。
2 ○正しい
虐待で最も多いのは身体的虐待、次いで心理的虐待です。虐待には他にも金銭的虐待や介護放棄などがあります。
3 ○正しい
虐待の相談・通報者で最も多いのは介護支援専門員です。サービス提供事業者等が虐待に気付いた場合、ケアマネジャーに報告し、ケアマネジャーが通報するようなケースです。「養護者」とは、高齢者を現に養護する者であって養介護施設従事者等以外の者を指します。
4 ×誤り
養護者の虐待では夫ではなく「息子」が最も多くなっています。
5 ×誤り
そのような規定はありません。虐待を発見した者は家族の了解に関わらず通報する義務があります。

問題38へ➡
 タグ
None