今回も研修に関する記事です。
今年から時間数が多くなることは既に記事で書きましたが、
実際の研修日程はどうなるのでしょうか?




今までの研修スケジュールはどうだったのでしょうか?
平成27年度埼玉県介護支援専門員実務研修カリキュラムを見てみましょう


研修予定1


埼玉県では、受講者を第1期(1月~3月)、第2期(4月~6月)に分けて研修が行われます。
第1期を希望する人は多いのですが、申し込み順や居宅介護支援事業所への勤務予定の有無により第2期に回されてしまう人もいます。第2期になると、新年度の4月からケアマネジャーとしての勤務ができなくなります。このような形態の都道府県は他にもありますのでご注意ください。

さらに第1期日程をA・B日程に分けます。
第1日~3日目までは共通日程です。大会場に700人以上の受講者を集め連日7~9時間程度の講義をただ聴くだけのプログラムです。
私の経験ではこの3日間が最もキツかったです。

第4,5日は①~⑤の日程で希望日を選択できます。ここでは講義に加えグループワークなども行われますので、座り放しで聴くだけの3日間よりは楽に感じました。土・日曜日は人気があるので先着順や「他に希望日がない」などの要因で決まるようです。


実習課題の内容は研修5日目にオリエンテーションにて説明されます。
ここから、約3週間の間に受講者はそれぞれ実習課題を仕上げなければなりません。
研修予定2


実習課題が仕上がったらいよいよ、最終段階の「演習」に入ります。
研修予定3
第6,7日も①~⑤の日程を選択できますが、第4,5日と同じく希望通りになるとは限りません
演習の最終日には、「実務研修修了証書」が渡されます。
長く辛かった研修の日々を思い、涙を流す受講生もいましたが....
まだ、介護支援専門員証の交付をうけるという重要な手続きが残っています
研修終了後の定められた期間内に申請することになっていますが、早めに申請しないと交付が新年度の4月に間に合わない場合もありますので注意してください。


ここからが改正された研修です
今までは、これで晴れてケアマネジャーとしての第一歩を踏み出すことができました。
十分に長い期間だと思いますが...
しかし、記事の冒頭で書いたように
今回からはもっと長くなります!


今回から新たにカリキュラムに加えられたのが
「実務従事者基礎研修」です。
どのような研修でしょうか?平成27年度の埼玉県で行われたカリキュラムを見てみましょう
≪平成27年度埼玉県介護支援専門員実務従事者基礎研修カリキュラム≫ より
研修予定5

続いて日程です

研修予定4

あれ?

今までの研修にも実習課題がありましたが更に課題が増えるのでしょうか?しかもこの研修だけで1か月以上かかってますね...

実際にどのようなプログラムになるかは未定のようですが、効率的なカリキュラムを組んでほしいものです。


まだまだ終わりではありません。
この後(おそらく後になると思われます)
3日間の実習と課題提出をこなさなければなりません!
介護支援専門員実務研修「実習」とは?➡


いかがでしょうか?
この記事を書いている途中で「もし自分がこれを受けるとすれば....」と想像すると....

これだけの研修を働きながら受けることができるのか?

期間が長いだけでも大変ですが
希望通りの日程が取れなかったら?
研修日程の希望を出してからどのくらいの期間で決定の通知が届くのでしょう?
最悪の場合、一度出した休暇願いを変更しなければならない....

本当に大変な研修です
受講生の皆様がこのために仕事を辞めなければならない事態が、極力少なくなるように
事業所経営者、管理者の皆様にご協力をお願い申し上げます
 カテゴリ
 タグ
None