選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題45
次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通所リハビリテーションにおける短期集中リハビリテーション実施加算は、退院日又は認定日から起算して3か月以内に行われた場合に、算定することができる。
2 在宅療養支援診療所は、介護療養型医療施設の入所者に対して往診療を算定することはできない。
3 介護保険における主治医意見書は、要介護認定に用いられるものであり、介護支援専門員が介護サービス計画作成に用いることは好ましくない。
4 要介護者に対して医療保険と介護保険の両方から給付が可能な場合には、原則として、介護保険が優先される。
5 高額医療合算介護サービス費は、医療と介護の利用者負担額を足し合わせて、月単位で支払いが一定額を超えた場合に、申請に基づいて支給される。

解答・解説↓




正答番号 1,2,4

1 ○正しい
「退院日又は認定日から起算」は重要なキーワードです。通所リハビリのリハビリテーションについては法改正で個別リハビリがなくなるなど大きく変更されています。
2 ○正しい
設問のとおり算定できません。在宅療養支援診療所とは自宅療養を必要とする人のために、住み慣れた地域で責任をもって診療を行う診療所のことです。 地方厚生(支)局長に届出て認可を受けます。
3 ×誤り
介護支援専門員が介護サービス計画を作成する際は主治医意見書を参考にすることが必須です。
4 ○正しい
設問のとおりです。例外として訪問看護では医療保険が優先される場合があります。
5 ×誤り
「月単位」が誤りです。高額医療合算介護サービス費は年単位で計算します。

用語解説リンク 通所リハビリテーション 主治医意見書 高額医療合算介護サービス費

17回医療サービス分野終了
問第17回福祉サービス分野問題46へ➡
 タグ
None