選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題46
面接場面におけるコミュニケーションについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 初回面接を行う上では、チェックリストに従ってイエスかノーで次々に答えを求めるのが望ましい。
2 知的障害のあるクライエントと面接する際には、クライエントと直接話をするよりも、その介護者と話をする方がよい。
3 予備的共感とは、事前情報をもとにクライエントの立場に立って、共感的な姿勢を準備しておくことである。
4 波長合わせとは、相談援助者が、自らの態度、言葉遣い、質問の形式等をクライエントの反応に合わせて修正していくことである。
5 情緒面での反応を確認するために、クライエントの言葉を反復して繰り返すことは大切である。
解答・解説↓




正答番号 3,4,5

1 ×誤り
「イエスかノーで次々に答えを求める」のは答えを限定したクローズドクエスチョン」といわれ、クライエントが混乱したときなどには有効な方法ですが、傾聴には向きません。初回面接ではクライエントの話をじっくりと聞ける、答えを限定しない「オープンクエスチョン」が適しています。
2 ×誤り
知的障害があっても「自己決定」の精神にのっとり、本人の考えを聞くことが重要です。
3 ○正しい
「予備的共感」とは面接前の情報から相談利用者が直面している困難な状況や心理的抵抗、あるいは家族への気遣いなどについて本人の立場にたった見方を予想し、共感的な姿勢を準備しておくことです。
4 ○正しい
波長合わせとは互いの気持ちが合うように調整することをいいます。
5 ○正しい
面接ではクライエントの情緒を確認することも重要です。そのためにもい設問のように、クライエントの言葉を反復して繰り返すことは有効です。

問題47へ➡
 タグ
None