選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題47
相談援助者の職業倫理について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 近隣住民から説明を強く求められたため、クライエントの同意を得ないで、近隣住民にクライエントの状況を詳細に話した。
2 クライエントの生活歴に個人的興味があったので、クライエントに詳しく尋ねた。
3 個人情報の扱いについてクライエントに説明し、了解を得た上で、訪問介護事業者にクライエントの家族歴、生活歴に関する情報を提供した。
4 相談援助者が守るべき秘密の内容は、クライエントが面接場面で語ったことだけであり、関連資料から得られるものは含まれない。
5 クライエントが感情的に取り乱したり、怒りを爆発させたりした事実を、クライエントの承諾なしに他に漏らしてはならない。
解答・解説↓




正答番号 3,5

 ×誤り
個人情報は本人の同意なしに漏らすことはできません。その使用歩法も限られており、設問の場合不適切です。
2 ×誤り
援助業務はクライエントの課題解決に関することに限定すべきで、援助者に興味があっても課題解決と無関係のことを聞くことは不適切です。
3 ○正しい
個人情報の使用には設問のように事前了解と、正しい使用方法が求められています。
4 ×誤り
関連資料も含め個人情報である、援助者は秘密保持の義務があります。
5 ○正しい
何に怒りの感情を持ったかを含め、面接によって得た情報は個人情報であり、承諾なしに他に漏らすことはできません。

問題48へ➡
 タグ
None