選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題50
介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者が家族と同居しているときは、いかなる場合でも生活援助を利用することはできない。
2 サービス提供責任者は、利用頻度の低い利用者に対しては、訪問介護計画を作成しなくていもよい。
3 訪問介護事業者は、訪問介護員に身分を証する書類を携行するよう指導しなければならない。
4 訪問介護事業者は、サービス提供している地域以外からの利用申込者に対してサービスを提供できない場合には、適切な事業者の紹介などを行わなければならない。
5 訪問介護事業者は、利用者の要望に応えるために、居宅サービス計画にないサービスも、適宜、提供しなければならない。
解答・解説↓




正答番号3,4

1 ×誤り
家族と同居していても、日中独居や家族が疾病などにより必要な介護ができない場合、生活援助を利用することができます。
2 ×誤り
訪問介護の利用は利用頻度にかかわらず、訪問介護計画に基づいたものでなければなりません。必ず作成します。
3 ○正しい
設問のとおり基準にて定められています。利用者や家族に求められた場合、いつでも掲示します。
4 ○正しい
サービスを提供している地域以外からの利用申込は、サービス提供を断る正当な理由です。その場合他の事業所を紹介するなどの対応が義務付けられています。
5 ×誤り
居宅サービス計画にないサービスは、訪問介護サービスとして算定することができません。

用語解説リンク 訪問介護 生活援助 居宅サービス計画

問題51へ➡
 タグ
None