選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題56
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 施設形態は,単独小規模の介護老人福祉施設と,同一法人による本体施設のあるサテライト型居住施設の2つである。
2 地域密着型施設サービス計画には,地域住民による入所者の話し相手,会食などは含めない。
3 サービス提供上必要と認められる場合は,ユニット型の居室の定員を2名にすることができる。
4 入所者又は家族が行政機関に対する手続きを行うことが困難な場合には,その同意を得て,事業者が代わって行わなければならない。
5 入所者が病院等に入院し. 3か月以内に退院することが明らかに見込まれる場合は,原則として,退院後再び当該施設に円滑に入所できるようにしなければならない。
解答・解説↓




正答番号 3,4,5

1 ×誤り
施設形態は「単独小規模の介護老人福祉施設」「同一法人による本体施設のあるサテライト型居住施設」「通所介護事業や小規模多機能型居宅介護事業所等と併設事業所を組み合わせたもの」の3種類に分類されます。
2 ×誤り
基準により「当該地域の住民による自発的な活動によるサービス等の利用も含めて地域密着型介護老人福祉施設計画上に位置づけるよう努めなければならない」と定められています。
3 ○正しい
基準にて「入居者への指定地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護の提供上必要と認められる場合は、2人とすることができる」と定められています。
4 ○正しい
設問のとおり「入所者が日常生活を営むのに必要な行政機関等に対する手続きについて、その者又は家族において行うことが困難である場合は、その者の同意を得て代わって行わなければならない」と定められています。
5  ○正しい
設問のとおり基準にて定められています。「3か月以内に退院することが明らかに見込まれる場合」は重要なキーワードです。

用語解説リンク 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

問題57へ➡
 タグ
None