選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題58
生活保護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険の第2号被保険者は,特定疾病による要介護又は要支援の状態にあっても,介護扶助の対象とはならない。
2 生活保護は,原則として,個人を単位として行われる。
3 要保護者が急迫した状況にあるときは,保護の申請がなくても,必要な保護を行うことができる。
4 医療扶助は,原則として,現物給付である。
5 住宅扶助は,原則として,金銭給付である。
解答・解説↓




正答番号 3,4,5

1×誤り
法により介助扶助の対象と定められています。
2 ×誤り
生活保護は原則として「世帯単位」で行われます。
3 ○正しい
設問のとおり緊急な対応が必要な場合、申請が無くても必要な保護が行われます。
4 ○正しい
医療扶助は原則に「現物給付」で支給されます。具体的な例としては、市町村の福祉事務所から「医療券」が発行され自己負担無しで受診などが可能になります。
5 ○正しい
住宅扶助は原則的に金銭で給付され、受給者が家賃などの支払いを行います。

用語解説リンク 生活保護

問題59へ➡
 タグ
None