選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題60
成年後見制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 市町村は,後見,保佐及び補助の業務を適正に行うことができる人材の育成及び活用を図るため,必要な措置を講ずるよう努めなければならない。
2 成年被後見人が行った法律行為は,原則として,取り消すことができる。
3 成年後見人は,被後見人の居住用の不動産を家庭裁判所の許可なく処分することができる。
4 被保佐人は,保佐人の同意を得ないで,自宅の改築を行うことができる。
5 補助人には,被補助人の同意のもと,四親等内の親族の請求により,家庭裁判所の審判によって,同意権を与えることができる。
解答・解説↓




正答番号 1,2,5

1 ○正しい
設問のとおり法律により「市町村は、後見、保佐、および補助の業務を適正に行なうことができる人材の育成及び活用を図るために必要な措置を講ずるよう努めるものとする」と定められています。
2 ○正しい
法により「成年被後見人の法律行為は、取り消すことができる。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、この限りでない。」と定められています。
3 ×誤り
財産の処分には家庭裁判所の許可が必要です。
4 ×誤り
保佐人は、被保佐人が行おうとしている一定の行為について同意を与える権利(同意権)をもちます。自宅の改築には保佐人の同意が必要です。
5 ○正しい
設問の通り定められています。同意件の範囲は「後見」「補佐」「補助」により範囲が限定されます。

用語解説リンク 成年後見制度

第17回福祉サービス問題終了。「メニューバー」から問題を選択してください。
 タグ
None