選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題3
事業や施設の人員・設備・運営に関する基準が都道府県の条例に委任されている介護保険サービスはどれか。3つ選べ。

1 指定居宅サービス
2 指定居宅介護支援
3 指定介護老人福祉施設
4 基準該当介護予防サービス
5 指定地域密着型サービス
解答・解説↓




正答番号 1,3,4

1 ○正しい
指定居宅サービスの基準は指定権を持つ都道府県の条例で定められます。平成23年の法改正により、それまで厚生労働省令で定められていた介護保険サービスの「基準」が指定権を持つ都道府県、市町村の条例に委任されました。
2 ×誤り
指定居宅介護支援は設備に関する基準がありません。従って「×誤り」です。
3 ○正しい
指定介護老人福祉施設の基準は指定権を持つ都道府県の条例で定められます。
4 ○正しい
。基準該当予防サービスの基準は指定権を持つ都道府県の条例で定められます。要介護者対象の基準該当サービスも同様です。
5 ×誤り
指定地域密着型サービスの基準は指定権を持つ市町村の条例で定められます。

用語解説リンク 居宅サービス 居宅介護支援 介護老人福祉施設 基準該当サービス 地域密着型サービス

問題4へ➡
 タグ
None