選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題6
居宅介護サービス費等区分支給限度の基準額が適用される給付として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 薬剤師による居宅療養管理指導
2 連携型の定期巡回・随時対応型訪問介護看護
3 複合型サービス
4 通所介護
5 特定福祉用具の購入
解答・解説↓




正答番号 2,3,4

1 ×誤り
「居宅療養管理指導」は介護保険で「代替性のないサービス」として区分支給限度額の適用外となっています。
「居宅介護サービス費等区分支給限度基準額」とは介護度ごとに利用できる限度額のことです。"
2 ○正しい
連携型の定期巡回・随時対応型訪問介護看護は地域密着型のサービスとして、区分支給限度額が適用されます。
3 ○正しい
複合型サービス(法改正により現在は「看護小規模多機能型居宅介護」に名称変更)地域密着型のサービスとして、区分支給限度額が適用されます。
4 ○正しい
通所介護は居宅サービスとして区分支給限度額が適用されます。
5 ×誤り
特定福祉用具の購入には、区分支給限度基準額は適用されません。居宅介護福祉用具購入費支給限度額(一人につき年間10万円)が適用されます。

用語解説リンク 居宅療養管理指導 区分支給限度基準額 定期巡回・随時対応型訪問介護看護 看護小規模多機能型居宅介護(旧名称・複合型サービス) 通所介護 特定福祉用具販売

問題7へ➡
 タグ
None