選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題7
介護保険事業計画について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 市町村介護保険事業計画は、市町村老人福祉計画と調和が保たれたものとして作成する。
2 市町村介護保険事業計画は、市町村地域福祉計画と一体のものとして作成する。
3 都道府県介護保険事業支援計画は、医療計画と調和が保たれたものとして作成する。
4 都道府県介護保険事業支援計画を定める際には、保険者と協議しなければならない。
5 国が定める基本指針には、地域支援事業の実施に関する基本的事項が含まれる。
解答・解説↓




正答番号 3,5

1 ×誤り
「調和が保たれたもの」の部分が誤りで「一体のものとして」が正解です。「介護保険事業計画」と「一体」のものとして作られるのは「老人福祉計画」だけです。他の計画は「調和」「連携」などと表現されます。
2 ×誤り
「一体のもの」の部分が誤りで「調和が保たれたもの」が正解です。
3 ○正しい
都道府県介護保険事業支援計画は医療計画と調和が保たれたものとして作成されます。
4 ×誤り
そのような規定はありません。市町村が介護保険事業計画を定める際には都道府県に意見を聴かなければならないという規定があります。
5 ○正しい
設問のとおり地域支援事業の実施に関する基本的事項は国が定めます。

用語解説リンク 市町村介護保険事業計画 市町村老人福祉計画 都道府県介護保険事業計画 地域支援事業

問題8へ➡
 タグ
None