選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題10
指定介護予防支援事業者について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 指定申請者は、地域包括支援センターの設置者に限られている。
2 介護支援専門員の配置が義務付けられている。
3 市町村長は、指定した事業者の名称などを公示する。
4 地域包括支援センター運営協議会は、事業者に対して勧告する権限を有する。
5 事業を変更するときは、都道府県知事に届け出る。
解答・解説↓




正答番号 1,3
1 ○正しい
指定介護予防支援事業者の指定申請者は地域包括支援センターに限られています。介護予防支援事業者➡地域包括支援センターと覚えてください。
2 ×誤り
人員の基準には「保健師その他の指定介護予防支援に関する知識を有する職員」とされており、介護支援専門員の配置義務はありません。
3 ○正しい
指定を行うのが市町村町なので公示も市町村町が行います。※「介護予防サービス事業者」の指定は都道府県が行います。間違えやすいと思いますが、出題頻度が高いので暗記してください。介護予防サービス事業者=都道府県、介護予防支援事業者=市町村。
4 ×誤り
介護予防支援事業者に勧告する権限は指定権を持つ市町村長にあります。※「地域包括支援センター運営協議会」は市町村ごとに設置され、地域包括支援センターの設置や運営を所轄します。
5 ×誤り
介護予防支援事業者が事業を変更するときは、指定・管轄を行う市町村長に届け出ます。

用語解説リンク 介護予防支援 地域包括支援センター

問題11へ➡
 タグ
None