選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題12
介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 都道府県知事は、相談・苦情等の対応のために講じている措置を公表しなければならない。
2 都道府県知事は、介護サービスの質の確保ために講じている措置を公表しなければならない。
3 都道府県知事は、利用者の権利擁護のために講じている措置を公表しなければならない。
4 国民健康保険団体連合会は、報告された内容が事実かどうかを調査しなければならない。
5 市町村長は、事業者が提供を希望する任意報告情報を公表しなければならない。
解答・解説↓




正答番号 1,2,3

1 ○正しい
相談・苦情等の対応のために講じている措置は公表情報の必須事項に含まれます。介護サービス情報の公表制度は都道府県の事業ですので都道府県知事が公表します。
2 ○正しい
介護サービスの質の確保ために講じている措置は公表情報の必須事項に含まれます。介護サービス情報の公表制度は都道府県の事業ですので都道府県知事がを公表します。
3 ○正しい
利用者の権利擁護のために講じている措置は公表情報の必須事項に含まれます。介護サービス情報の公表制度は都道府県の事業ですので都道府県知事がを公表します。
4 ×誤り
介護サービス情報の公表制度は国保連ではなく都道府県の事業です。調査の権限は都道府県知事にあります。
5 ×誤り
介護サービス情報公表制度は都道府県の事業であり、任意報告情報を公表するのは都道府県知事です。

用語解説リンク 介護サービス情報の公表制度 国保連

問題へ13➡
 タグ
None