選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題14
要介護認定の認定調査について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 市町村は、その職員である福祉事務所のケースワーカーに認定調査を行わせることができる。
2 市町村は、その職員である市町村保健センターの保健師に認定調査を行わせることができる。
3 市町村は、介護支援専門員に更新認定の調査を委託できない。
4 市町村は、指定居宅介護支援事業者に更新認定の調査を委託できない。
5 市町村は、地域包括支援センターに更新認定の調査を委託できる。
解答・解説↓




正答番号 1,2,5

1 ○正しい
福祉事務所のケースワーカーは市の職員であり、市町村は認定調査を行わせることができます。認定調査を行うことができるのは市町村、指定市町村事務受託法人、居宅介護支援事業者、地域密着型介護老人福祉施設、介護保険施設、地域包括支援センター、介護支援専門員の中で要件を満たした者とされています。新規申請の認定調査は市町村、指定市町村事務受託法人が行います。
2 ○正しい
市の職員である市町村保険センターの保健師は認定調査を行うことが出来ます
3 ×誤り
市町村は、介護支援専門員に更新認定の調査を委託できます。更新認定調査は、指定市町村事務受託法人、居宅介護支援事業者、地域密着型介護老人福祉施設、介護保険施設、地域包括支援センター、介護支援専門員の中で要件を満たした者に委託できます。新規申請の認定調査は市町村が行います。
4 ×誤り
市町村は、指定居宅介護支援事業者に更新認定の調査を委託できます。
5 ○正しい
市町村は、地域包括支援センターに更新認定の調査を委託できます。

用語解説リンク 指定市町村事務受託法人

問題15へ➡
 タグ
None