選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題19
居宅サービス計画について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 原案段階では、利用者およびその家族の生活に対する意向は含めない。
2 訪問看護を位置づける場合には、主治の医師等の指示が必要である。
3 原案について利用者が了解した場合には、サービス担当者会議の開催は不要である。
4 被保険者証に居宅サービスの種類の指定について記載がある場合でも、利用者はその変更の申請ができる。
5 提供されるサービスの目標とは、利用者がサービスを受けつつ到達しょうとする目標を指す。
解答・解説↓




正答番号 2,4,5

1 ×誤り
原案の段階で利用者およびその家族の生活に対する意向を含めなければなりません。
2 ○正しい
ケアプランに訪問看護を位置づける場合は主治医の「訪問看護指示書」が必要です。
3 ×誤り
原案について利用者が了解してもサービス担当者会議の開催は必要です。サービス担当者会議においてサービスに関連する専門職から意見を求めます。
4 ○正しい
介護保険被保険者証にサービスの種類が指定されている場合がありますが、利用者は変更申請の権限を持っています。
5 ○正しい
居宅サービス計画の目標はサービスを受けつつ到達するものを設定します。

用語解説リンク 居宅サービス計画 訪問看護 サービス担当者会議

問題20へ➡
 タグ
None